出世にも影響する、カナダで働く場合のポジション(役職)

英語のレベルが高いからといって、すぐにカナダで就職・転職が出来るかというと実はそうではありません。現地の方はみんな英語が話せるわけですから、何か特別なスキルや専門知識がない限りは、現地企業ならば相手日本人を採用する必要はないからです。
何回もカナダに旅行したことがあって精通していたりしても、日本でのビジネス経験がなければなかなか難しかったりもします。

現地採用としてカナダで働く場合においても、今までどのような仕事をしてきたか経歴が重視される傾向にあります。日本でインターナショナルな会社の社員として働き、外国人相手に営業をしてきたり、日本の機械やITに関して詳しい知識やスキルを持っていたり、現地採用の面接などでもそういった今までの経歴をいろいろとチェックされるでしょう。

現地採用として働くならば、駐在員とは違うので特にどのような仕事でもいいから…と思っていると、思ったように物事が進まないこともあります。現地の人の雇用を守るために簡単な仕事などは外国人にはさせないという決まりもあるからです。
日本人がカナダで求められるのは、単なる一従業員としてではなく、一つのグループを任せられるような確かなスキルを持った人です。ですから、まだ何も特筆したものや得意なもの、資格や知識がない場合には、そういった部分を磨いてからカナダで就職したり転職することを考えていったほうがはるかに安心です。